閉塞性無精子症と診断。精路開通と顕微授精、どっちを選んだらいい?

妊娠を望んでいるのに、なかなか授からない。
こうなってくると、男性も女性も「もしかしたら自分に問題があるのでは?」と気になっていろいろと検索をするようになると思います。

または、不妊治療専門のクリニックで医師に相談される場合もあると思います。

その頃に知ることが多いのが「無精子症」という疾患だと思います。

無精子症って何?

読んで字のごとく、「精子がない」疾患のことです。

しかし「精子がない=妊娠できない」ではありません。
ですので、焦らないでくださいね。

無精子症には大きく分けて二つの種類があります。
それが閉塞性無精子症非閉塞性無精子症です。

【閉塞性無精子症】

閉塞性無精子症の病態
無精子症の20%程度。
精巣内で精子は作られているものの、精子の通り道のいずれかに閉塞が生じて、射精までたどり着けない状態のもの。

【非閉塞性無精子症】

非閉塞性無精子症とは
無精子症の80%を占める。
精子が精巣で作られていない状態。

妊娠の可能性が高いのは閉塞性無精子症

精巣内で精子が作られているのに、通路が塞がれているために精子が出て来れない「閉塞性無精子症」の場合、精路再建術を行う、または顕微授精(ICSI)を行うことで妊娠の可能性が出てきます。

また精路再建術を行えば、1人目だけではなく、その後も自然妊娠を望めるため不妊治療の負担を減らすことができます。
しかし、精路再建術にもデメリットが存在します。

精路再建術のデメリット

精路再建術はどの泌尿器科医師もできるものではない

現在の日本において、この精路再建術ができる医師は決して多くはありません。
そのため、全国どこでも手術が受けられるわけではないのが現状です。

また、同じ精路再建術であっても、精巣上体の閉塞の場合には「精巣上体精管吻合術」の必要があり、こちらは非常に難易度の高い術式だと言われています。
精路再建術は技術が必要

結果、手術を受けても精路の再開通率は40%~となり、パイプカット後等の精路再建術の再開通率80~90%と比較すると決して高い数値ではありません。

精路再建術を受けても37%は精子が出現しない

せっかく手術をしてもそのうちの37%は精子が出現しません。

精子の通り道を一ヶ所開通させたとしても、他の部位で閉塞が起こっていたり、長く閉塞状態にあったことで精子が成熟停止を起こしている場合もあります。

血液検査で事前に精子の成熟停止を予測することはできますが、確実性の高い精巣生検と併用しその際に採取できた精子は念のため冷凍保存をするのが一般的です。

精路再建術後に精子の出現が起こらない場合には、この冷凍精子を使って顕微授精をするケースもあります。

精路再建術後、すぐには性行為できない

精路を開通させたからといってすぐに妊娠可能になるわけではありません。
術後は傷を落ち着かせるために、マスターベーションは最低でも1ヶ月、性行為は最低2ヵ月禁止になります。
また精管断裂予防にサポーターパンツを2ヶ月間履く必要があります。

陰嚢を大きく揺すらないような生活をしばらくする必要もあります。
閉塞性無精子症の術後

さらに精子出現までは時間を要すケースも多く、6ヶ月かかってようやく精子が出現する場合もあります。

このような背景から、夫婦ともに年齢が若く妊娠まで時間的なゆとりがあるカップルには精路再建術が効果的ですが、早い段階での妊娠を望む場合には顕微授精の選択を勧められる場合が多いです。

精路再建術は一部を除き、保険適用外です

幼少期の鼠径ヘルニアの手術により、大人になってから精管閉塞が確認された場合、保険適用で精路再建術を受けることが可能ですが、それ以外の原因で手術をする場合には保険適用外となり、自費になります。

金額は保険適用で約15万円程度、保険適用外の場合(術式により変動が大きい)40万円程度となります。

精路再建術か顕微授精か

女性が20代~30代前半であれば精路再建術を選んでもいいかもしれません。
ただし、女性側には何の問題もないかを同時期に確認し、それで問題ない場合の話です。

医師によっては子供が欲しいのなら早い段階で顕微授精をすることを勧める医師もいます。
それは精路再建術を行ったところで、37%は精子が出てこない可能性があり、そこにお金と体力を取られるよりも体外受精でより可能性を上げて妊娠に取り組んだ方がいいんじゃないかという考えがあるからです。

ここでは精路再建術と顕微授精のメリットデメリット等を分かりやすく表にまとめました。

精路再建術 顕微授精
費用 保険適用:約15万円~
保険適用外:約40万円~
30万~60万円~
妊娠率 精子が出現した場合には自然妊娠と同程度で20~25%(年齢とともに低下) 20代で40%、30代前半で35%、30代後半で20%、40代で数%
最大のメリット 1人目だけでなく、2人目も自然妊娠できる可能性が高い ・治癒過程がなく、すぐに治療が始められる
・妊娠の可能性が比較的高い
最大のデメリット ・術後も精子が出現しない可能性が37%ある
・術後数ヶ月は性行為ができない
・費用が高い
・挙児を望む度に高額な費用が発生する
おすすめの人 20代~など時間的余裕があるカップル 年齢的な余裕がなく、すぐにでも子供を望むカップル

決めるのはご夫婦でよく相談してからにしましょう。

年齢、2人目以降をどうするかなど、話し合うことはたくさんあります。
お二人にとってベストな選択をできることを願っています。

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントは停止中です。